なぜ、芸能人は子どもをインターナショナルスクールに通わせるのか?

なぜ、芸能人は子どもをインターナショナルスクールに通わせるのか?

子どもをインターナショナルスクールに通わせていることが多いのが芸能人やアスリートなどの著名人です。

Q,なぜ、芸能人は子どもをインターナショナルスクールに通わせるのか?
A,3つの理由が
挙げられます。

1.安全性

歴史的にインターナショナルスクールは、外国人学校として開校しました。
多くの外交官、国連など国際機関の職員の子どもが通っています。

そのためインターナショナルスクールは、安全対策や個人情報の保護など安全面が強化されています。

国内でもあるインターナショナルスクールは、スクールバスの外装をスクールバスと一見してわからないように黄色から地味な色に変更しています。

インターナショナルスクールの公式ホームページにスクールバスの停留所と時間も掲載がなくなりました。

テロや誘拐など未然に防ぐ対策が取られています。

著名人、芸能人の子どもが通う理由のひとつに高いセキュリティーが挙げられます。

2.多様性

インターナショナルスクールは、海外転勤族の子どもの学校として創立されています。
そのため、さまざまな風習、宗教など家庭と生徒のバックグラウンドを受け入れた学校生活を提供しています。

その一例が、海外からプロ野球やサッカー、バレーボール、ラグビーなど外国人助っ人として日本で活躍しているアスリートが増えてきました。

さまざまな文化背景を持ったアスリートが増え、さらに日本人アスリートが海外で活躍する事例も増えています。

日本人アスリートは、帰国後にインターナショナルスクールに子どもを入学させることが増えています。

外国人の同級生保護者、先生、職員が多く、世界的なアスリートがいても学校側も保護者側もプライバシーを尊重する校風があります。

3.匿名性

インターナショナルスクールは、世界からその学校に教えてきているため、教職員、同級生がその国の著名人をほとんど知りません。

海外から来日した先生の多くは、日本の芸能人や著名人を知りません。そのため、日本では著名人の子どもでも、ほかの子と同じく接してもらうことができます。

著名人の子どもは、普通の小学生、中学生、高校生として、言語の壁をうまく使って親の七光が入らないインターナショナルスクールに通わせています。

海外からプロ野球やサッカー、バレーボール、ラグビーなど外国人助っ人として日本で活躍しているアスリートが増えてきました。

さらに日本人アスリートのサッカー、野球をはじめとして、海外のチームで活躍する選手も増えたため、帰国後にインターナショナルスクールに子どもを入学させることが増えています。

▽こちらの記事もおすすめです。

本田圭佑 生きる力。成功体験は、情報と経験が繋がった瞬間に生まれる。

インターナショナルスクールに通うといくら学費がかかるのか?

インターナショナルスクールの学費が高い理由とは?

eduJUMP! 編集部
eduJUMP!は、子どもたちが世界のどこでも誰とでも、共に生きていき、夢を実現できるような教育を紹介するメディアとして設立されました。保護者・子ども自身・教育関係者の3者を対象に、子どもたちの未来を拓くために有用と思える情報を、当ウェブメディアやイベントを通じて提供します。
- Advertisement -spot_img

関連記事