ホーム教育トレンドボーディングスクール国際教育【対談】保護者から見た「英国ボーディングスクールのリアルライ...

【対談】保護者から見た「英国ボーディングスクールのリアルライフ」③

英国ボーディングスクールでのリアルライフを保護者の視点でお伝えするこの対談。自身のお子さんをイギリスのボーディングスクールに送り、イギリスのボーディングスクールに留学する生徒の教育ガーディアンを担う英国企業「ピッパズ・ガーディアンズ」の日本代表を務める黒田よりこさんと、今夏、長子が現地の高校を卒業したeduJUMP!ライター・knockoutが、赤裸々に語ります。

第3回目となる今回は、留学中の親代わりとしてサポートとケアをしてくれるガーディアンの重要性をテーマに留学時のトラブルやその対処法について実体験と共にお届け。さらに、イギリスでガーディアンサービスを提供するピッパズ・ガーディアンズ代表ベン・ヒューズさんに、ガーディアンシップ・サービスの見極め方についてお話を伺いました。

【連載リンク】
第1回 ボーディングスクールの理想と現実
第2回 学習は?生活は?入学するタイミングでの違い


Yoriko KURODA黒田 よりこさん
1974年生まれ。新卒で婦人画報社(現ハースト婦人画報社)に就職し、女性誌の編集に携わる。家庭の都合で中東とイギリスに滞在し、国際的な教育に触れたことを契機に教育の記事を国内メディアに寄稿。帰国後Go Beyondを立ち上げ、国内外企業のブランド・マーケティングを支援。イギリスで学ぶ小中高の留学生のサポートを行う英系企業ピッパズ・ガーディアンズの日本代表も務め、現地からの最新情報をもとにイギリスのボーディングスクール留学の情報発信に努めている。

knockout

eduJUMP!ライター knockout
40代・三児の父。主夫として子育て・教育に関わる。地元自治体の教育および福祉分野の審議会委員やPTA活動を通じて教育改革・教育行政に関心を持つ。長子の留学をきっかけに海外の教育事情にも視野を広げ、SNSを中心に情報発信。2.4万人がフォローするX(旧Twitter)アカウントは @knockout_ 。


【第3回】ガーディアンによるケアとサポートの重要性

@Rugby School

“親代わり”として学生生活を全面サポートする「ガーディアン」

knockout イギリスには小中高校生が留学する場合、保護者の代わりとなる人(=ガーディアン)を任命しなければならないという制度があります。長男は「ピッパズ・ガーディアンズ」にお世話になりました。

わが家は妻もイギリスに留学経験があり、土地勘的にも語学的にもある程度の不測の事態には自力で対応できると考えていました。しかし、振り返えってみると、留学生の親として、とても助かったことが2度ほどありました。

1度目は、留学したての頃でした。生活に足りないものを国際小包でまとめて送ったのですが、いっこうに届かない。近くの物流拠点までは着いているのですが、いつまでたっても寮に運ばれませんでした。

調べてみると、関税未払いで止められているようでした。通常、留学生の生活用品持ち込みに関税はかからないのですが、何か手違いがあったようです。しかも何万円もの金額を提示されている。これには困って担当ガーディアンに相談をしました。

黒田よりこさん それは大変でしたね。実は関税関係のトラブルはよくあるご相談のひとつです。イギリスに留学されてすぐに防寒着が足りない、日本食を食べたいと言われて、親が大急ぎで日本から荷物を送り、その荷物を受けとった子どもが高額の関税を請求されて困り果てるケースは時々見受けられますね。

knockout すぐに運送会社に連絡を取って配送の手配をしてくれました。税関の窓口や申請フォームの書き方も教えてくれてスムーズに解決に至りました。

もうひとつは、ワクチンの接種です。現地でHPVワクチンを打たせたかったのですが、どこを窓口にして相談すればいいのかわからなかったのです。イギリスで定期接種をする年齢は過ぎていましたし、ベストな医療機関もわからない。こちらも担当ガーディアンがすべてやってくれました。

黒田 実はわが家も、大切な試験の直前、息子が軽い体調不良にもかかわらず隔離寮に入れられたことがあり、ガーディアンシップ・サービスを頼りました。後から聞いたところによると、イギリスではお腹を壊すと流行性の腸炎などが寮で蔓延しないよう隔離するのが珍しくないらしいのです。その時も担当のガーディアンはすぐに学校に理由を問いただし、そこから毎日状況報告がありました。病気のときなどは近くにいないだけに親は心配になりますが、そうやって見守ってもらえる安心感はありますね。

また、先日、日本人のお子さんが重いケガをしてしまったときには弊社担当のエリアマネージャーがすべて対応しましたし、他の国のお子さんには難しいビザ関係の手続きもサポートします。

knockout ガーディアンは“親代わり”であるとはよく言われますが、本当に困ったことや不安に思っていることは何でもやってくれるんですね。そして、そういう場面は意外とあるんだということがわかりました(笑)

黒田 日本人の親御さんは、人に頼るのがあまり得意じゃない傾向にあると感じます。困ったことがあったら些細なことでも全部担当のガーディアンに問い合わせてほしいです。もちろん、イギリスの慣習にのっとり、できないこともありますが、できる限りご希望にそうように善処はします。

ガーディアンシップ・サービスの見極めのポイント

ピッパズ・ガーディアンズ代表 ベン・ヒューズさん

ここからは「ブリティッシュ・ボーディングスクール・フェア・ジャパン2023」に向けて来日されていたピッパズ・ガーディアンズ代表ベン・ヒューズさんにお話を伺います

knockout ピッパズ・ガーディアンズには親だけでなく息子もいろいろとお世話になりました。とくに大学に出願するときのパーソナルステートメント(※大学への志望動機や自分の実績をエッセイ形式で綴る書類)の内容確認や面接の練習相手を紹介してもらったのが助かったと言っていました。

ベン・ヒューズさん イギリスには多くのガーディアン会社があります。私が弊社のガーディアンサービスに自信を持っているのは、スタッフがみんなボーディングスクールのことよく知っている点です。元々私立校の関係者だったり、お子さんも在学生だったり、自分も卒業生だったり。やはりボーディングスクールにはボーディングスクールのルールや作法があるので、そういうところがわかって いると迅速なサポートにつながります

学校や近隣エリアにどのようなリソースがあるのかも熟知しています。イギリスは日本以上にコネ社会。知ってる人は知っているけれど、知らない人は知らない情報も多い。だからこそ、できる限り知ってる人をエリアマネージャーに配置するようにしています。

信頼できる会社や人にアクセスでき、ご紹介もできるのは、ボーディングスクールに深い見識のあるイギリス人のプロによるサービスだからこそ。この点が、私たちの何よりの強みだと考えています。

knockout ガーディアン会社という立場でいろんなボーディングスクールと日々お付き合いされていると思います。日本人留学生にはどのような印象を抱かれているのでしょう。

ベン どのボーディングスクールも日本人留学生をとても好意的に受け止めてくれています。他の生徒と極力仲良くしようと努力する点が高く評価されているようです。アジア人であってもヨーロッパ人であっても分け隔てなく仲良くしようとする。そうした姿勢は学校全体にとても良い影響を与えてくれるのだそうです。

knockout 中国や香港からの留学生に比べると日本人留学生の数は圧倒的に少ないですよね。ボーディングスクールに多様性をもたらすという意味でも、日本人留学生は歓迎されているのかなと想像します。

ベン 日本人留学生が言葉も文化も違う異国の地イギリスで充実した学校生活を送り、持てるポテンシャルを最大限に発揮するためには、その子に合った学校を選ぶことと、適切なケアやサポートが欠かせないと痛感しています

日本語が通じるガーディアンサービスも存在しますが、最近は機械翻訳技術も進み、エリアマネージャーとのコミュニケーションはメールベースでも意外となんとかなるものです。留学は一生に一度の貴重な体験です。実り多きものとするためにも、イギリス国内の教育情報に精通し、アクセスできるリソースにも優位性のある、信頼のできるガーディアン会社を選んでほしいと願っています。

ピッパズ・ガーディアンズ代表 ベン・ヒューズ氏より

毎年9月、私たちはガーディアンシップ・サービスを通じて日本人学生を英国に迎えています。中には学校が適しておらず、悲しい思いをしたり、学力を最大限に発揮できなかったりする生徒を見かけます。このような状況をどうしても変えたいと思い、ガーディアンシップ・サービスでの知見を生かして、スクール・アドバイス・サービスを提供することとなりました。弊社のスタッフだけでなく、私自身が数多くのボーディングスクールに足を運んでいます。学校の内部のことを良く知り、深く理解した上でのアドバイスと、入学を希望する学校について多くの情報を提供することで、お子さまがより良い学校に入学することができれば、学業面での成功の可能性も高くなります。イギリスのボーディングスクール留学にご関心のあるご家庭の皆さまのお役に立てればと考えています。

ピッパズ・ガーディアンズについて
ピッパズ・ ガーディアンズは、全英約120のボーディングスクールと連携し、遠く離れた両親に 代わって学校と密に連携を取り、留学生に日常のケアとサポートを担うガーディアンサービスと 伝統的なボーディングスクール入学のためのプライベートコンサルティングを提供している英国 の企業です。アジアで実績を積み、日本でも本格的なサービスを開始。すでに慶應義塾大学附属中高一貫校やTazaki財団からの留学生をサポートしています。

 

【関連記事】
第1回 ボーディングスクールの理想と現実
第2回 学習は?生活は?入学するタイミングでの違い

原稿:knockout
編集・構成:原知子

GO SCHOOL 子ども英語オンラインスクールアオバジャパン・インターナショナルスクールAOBA-JAPAN BILINGUAL PRE-SCHOOL 2023年度 入学生募集中

関連記事