インターナショナルスクールの入学時期は?

インターナショナルスクールの入学時期は?

インターナショナルスクールは、世界から転勤族を受け入れるため、一年中海外からの志願者に対して編入試験を実施しています。

海外転勤族:年間を通して
定住者:年に1回または2回

国内に住んでいる志願者は、秋に限定されます。

インターナショナルスクールは、定住者と転勤者の子どもから生徒が成り立っているため、それぞれの入学時期に合わせた仕組みが用意されています。

駐在先からオンライン面談が増えています。

夏休みとクリスマスは連絡が取れない!

その一方で、仕事のオン・オフが明確なのもインターナショナルスクールです。

アドミッションは、12月、7月、8月と長期休暇に入ります。

11月末に海外から志願しても、先生もクリスマス休暇の場合、試験が歳上げの1月になることもあります。

学校の事務室が開いている期間にも注意が必要です。

編集長 村田 学
eduJUMP!創刊編集長 元インターナショナルスクール経営者で、国際バカロレアの教員研修を修了。 日本初のインターナショナルスクール専門メディアの創刊編集長を務めた後、eduJUMP!創刊に伴い編集長に就任。 【エピソード】 人生初めての学校である幼稚園をわずか2日半で退学になった「爆速退学」経験者。 「幼稚園退学」により、3歳から孤独な国際教育評論家として教育について考え始める。 日本帰国後も、帰国生として日本の教育制度に馴染めず、さらに孤独な国際教育評論家としてアメリカ、日本を比較し、考え続けてきた。 【取材協力】 TV、ラジオなどにも出演し、新聞のインタビュー、雑誌などにも寄稿している。各メディアの取材協力も数多く手掛けている。
- Advertisement -spot_img

関連記事