港区芝がSTEAM教育の聖地に!? 話題の芝国際とローラスのコラボレーション最前線を独占取材!

2023年4月、東京都港区芝に異色のSTEAMスクールが2校誕生します。1校は芝国際中学校・高等学校(現:東京女子学園)、そしてもう1校はローラスインターナショナルスクールオブサイエンス(以下:ローラス)です。伝統ある女子校が共学化・国際化し、芝国際中学校・高等学校として開校。さらにその敷地内に、人気のSTEAMインターナショナルスクールであるローラスが移転します。同じキャンパスで、どのようなコラボレーションを生み出すのでしょうか。編集部は、建設中の新キャンパスを取材。2023年4月に生まれ変わる両校の今後について伺いました!

画像:eduJUMP!編集部

近代的で開放的、まるで博物館のようなキャンパス

ちょうど取材日には、ローラスの最高学年(G6:中等部1年生の移行期間中)の生徒が、授業の一貫でキャンパスツアーを行っていました。ローラスのG6クラス、東京女子学園の河添健校長先生、eduJUMP!編集部、全員一緒にまずはエレベーターで屋上まで上がります。

P=1
建設用のエレベーターで11階のさらに上、屋上まで一気に上がります

まず最初に一行が向かった最上階の11階と12階は、今後、体育館・ダンスホール・音楽室・屋上テニスコートになる予定です。

P=2
キャンパスを上から見た完成予想図。屋上のテニスコートからボールが飛び出ないようにネットを張り安全対策も

その下、7階〜10階はローラスが入るフロアです。ローラスの学園長に伺ったところ、各フロアにはテーマが設定されており、7階がOcean(海)、8階がPlanet Earth(地球)、9階がSingularity (シンギュラリティ)、10階がAd Astra(宇宙)とのこと。

各フロアは、テーマに合わせてフロアデザインすることはもちろん、サイエンスルームやメイカースペース、ライフライブラリー、アートルーム、プレゼンルーム、そして家具や備品に至るまで、ローラスのSTEAM講師陣やスタッフがこだわり、細かく作り込んでいる最中なのだそう。生徒達の興味を引く展示物や動植物、最新の実験機器を、国内のみならず世界中からも取り寄せているそうなので驚きです。

P=5

ローラス初等部低学年普通教室が入るフロアの現段階のパース。フロアテーマはOcean。実物大ジンベイザメの御影を床にプリント、床に波のプロジェクションマッピング、珊瑚の飼育水槽を設置する可能性もあるとか。

P=6

ローラス初等部高学年普通教室が入るフロアの現段階のパース。フロアテーマはPlanet Earth。レセプション横には植物で地球をかたどったり、シンボルツリーを設置、さらに世界中から取り寄せた多種多様な動植物もここで飼育する予定だそうです。

こちらは、開放的な11階の体育館エリア。屋上から11階に降りる途中には、ダンスやエクササイズができるフロアも作られています。

P=3
11階の体育館エリア
P=3
東京女子学園の河添校長先生、ローラスの講師やスタッフ、G6の生徒、eduJUMP!編集長村田で記念撮影

ローラスの学園長からは「ローラスが目指すものは学びのアミューズメントパーク。校舎全体を体験的博物館、ラボ、発表の場にしたい」との意気込みを伺いました。エントランスから各フロアには、生徒が最新のテクノロジーに触れ、実験し、作り、発表できる場所や仕掛けをたくさん作り、港区芝をSTEAM教育の聖地にすることが最終目標です。

ローラス学園長が理想とするキャンパス内部イメージ

一行は最上階からローラスフロアを通り過ぎて、芝国際中学高等学校のフロアに向かいました。6階には清香庵と呼ばれる和室があるので、ここで日本文化を学んだり、落ち着いた時間を過ごせそうです。また同じフロアには多目的ホールになる想定の場所もありました。

そして4階〜5階は普通教室ですが、4階には生徒の作品やグループワークが可能なオープンスペースも。オープンスペースや多目的ホールが贅沢に配置されているのが印象的でした。

P=7
4階イメージ:生徒たちがグループワークやプレゼンテーションができるメディアセンター
P=8
1階・2階イメージ:エントランスからライブラリーへの接続部分。吹き抜けの大階段が象徴的です

3階の教員室や多目的室のあるフロアを抜けて1階〜2階には、吹き抜けの大階段と大きなライブラリー、ガラス張りのラウンジがある開放的な空間が広がります。フロアの様子はまるでNYの大学にいるかのよう。生徒達は大階段に座って読書に没頭したり、ラウンジで現在取り組んでいるプロジェクトについて議論したり、窓際のテーブルでテスト勉強したりするのでしょうか。

さらに1階正門前のガーデンには、地域にも開放したカフェを併設する予定。「和×アジアンカフェ」をコンセプトにし、見た目も綺麗で栄養もあり、一流のシェフが手がけるおしゃれカフェになるのだとか。

芝国際やローラスの生徒には、このカフェからランチのケータリングサービスもあるそうなので、とても贅沢ですね!

P=9
和+アジアンカフェ(予定)をコンセプトに、地域にも開かれたカフェを併設。芝国際とローラスの生徒はこのカフェからランチをケータリングできる予定

芝国際キャンパスのフロアガイド

屋上から始まり地上階まで各フロアの現在の様子をざっくりとご紹介しましたが、芝国際中学高等学校のキャンパス内部は下記のようにエリアが分かれています。

●フロアガイド
[1階~2階]
メディアセンター・ラウンジ・多目的ホール・特別教室
[3階]
教員室・特別教室
[4階~5階]
普通教室
[6階]
普通教室・清香庵(和室)・多目的ホール
[7階(フロアテーマ:Ocean / 海)]
ローラス普通教室・サイエンスルーム・アートルーム・メイカースペース
[8階(フロアテーマ:Planet Earth / 地球)]
ローラス普通教室・サイエンスルーム・ライフライブラリー
[9階(フロアテーマ:Singularity / シンギュラリティ)]
ローラス普通教室・サイエンスルーム・アートルーム・メイカースペース・シンギュラリティルーム
[10階(フロアテーマ:Ad Astra / 宇宙)]
ローラス普通教室・職員室・多目的室・アドアストラルーム
[11階~12階]
体育館・ダンスホール・音楽室・屋上テニスコート

編集部まとめ

今回は、話題の芝国際とローラスのキャンパス建設に向けた最新動向を伺いました。キャンパスだけでも話題になりそうですが、次回はそれぞれの学校のカリキュラムや学校生活、将来に向けた学びがどうなるのかについても取材をしたいと思います。2023年4月に港区芝に開校する両校からますます目が離せませんね!

アクセス

所在地:
〒108-0014 東京都港区芝4丁目1-30(2022年11月竣工予定)

●ローラスインターナショナルスクールオブサイエンス
https://laurus-school.com/ja/

●東京女子学園(2023年4月より芝国際中学校・高等学校)
https://www.tokyo-joshi.ac.jp/

原稿:高橋香織(eduJUMP!編集部)

eduJUMP! 編集部
eduJUMP! 編集部
eduJUMP!は、子どもたちが世界のどこでも誰とでも、共に生きていき、夢を実現できるような教育を紹介するメディアとして設立されました。保護者・子ども自身・教育関係者の3者を対象に、子どもたちの未来を拓くために有用と思える情報を、当ウェブメディアやイベントを通じて提供します。
- Advertisement -spot_img

関連記事