連載1 インターナショナルスクールフェア 2021 開催レポート 午前の部

連載1 インターナショナルスクールフェア 2021

開催レポート 午前の部

20211023日、日本最大のインターナショナルスクールフェアを開催いたしました。

参加校数は、午前の部(プリスクール)7校、午後の部(小・中・高校)で10校。

オンライン・オフラインのハイブリット型でお届けした同フェアは、640人の方々にご参加・ご視聴いただき、大盛況となりました。

当日の様子をレポートに編集してお届けします。なお、各校のコーナーから、当日の様子を動画でもご覧になれます。

<目次>

オープニングセッション International School Fair 2021 の見どころ

1.Global Step Academy International School

  グローバル・ステップ・アカデミーインターナショナルスクール

2.SOLTILO GSA International School

  ソルティーロGSAインターナショナルスクール

3.HILLOCK Bilingual Kinder School

  ヒロックバイリンガルキンダースクール

4.プレゼンテーション「今、何故、ボーディングスクールなのか」

  HLAB取締役COO 高田修太 氏

5.Gymboree International PreSchool & AfterSchool

  ジンボリーインターナショナルスクール

6.Aoba-Japan Bilingual Preschool

  アオバジャパン・バイリンガルプリスクール

8kodomo Edu international school

  kodomo Edu インターナショナルスクール

オープニングセッション

「キャラメルはいらない」こと津留崎千代子さんに聞くInternational School Fair 2021 の見どころ

第一部は、プリスクールの皆様にご登場いただきます。

本日の見どころについて、バイリンガル子育て情報を発信している「キャラメルはいらない」こと津留崎千代子さんに伺いました。

鶴崎千代子です。私は息子を3つのインターに通させていました。その経験を踏まえて、今回のフェアでぜひ、確認していただきたいポイントを皆様にお伝えします。

①費用

インターはとても魅力的な教育機関ですが、とにかく費用が高いです。基本となる授業料もさることながら、延長保育の料金やスクールバス代も確認しましょう。

②立地

特にプリスクールは、お子さんの体力に合わせた距離にしましょう。

③生徒さんの構成(日本人とネイティブの比率)

日本人が多いインターでは、日本人同士が固まってしまって、英語が身につかないのでは、という点を心配される方が多いと思います。

実際は、生徒構成の比率にはあまり関係がなく、スクール側、あるいは、生徒側の意識が関係していると思います。

日本人が多いからやめる、というのではなく、スクールの方針(声掛けの有無)を確かめたり、ご家庭での指導(インターにいる時間は英語でコミュニケーションすることの意識づけ)のほうがより重要だと思います。

④保護者ボランティアの有無

ランチの配膳、スクールバスのアテンドなど親のボランティアが義務のインターもあります。ボランティアに参加できない場合は、費用を支払いが生じたることもあるので、確認しましょう。

⑤プリスクール後の進路

エレメンタリーの有無、優先入学先の有無などは今から見ておいた方がいいです。

最終的に、日本の小学校に通うことを選ばれる方も多いと思いますが、インターにも進む可能性があることを今は、排除せず、情報を収集したほうがいいと思います。

英語力が伸びるのも定着するのも、本格的な探求型の学習もエレメンタリーから始まりますので、進学の可能性を排除しないで今は調べておきましょう。

⑥設備

エレメンタリーやミドルスクールを備えている学校は、設備が充実しているところが多いです。プリスクールの場合、園庭がないというのも多く見かけます。

成長と共に運動量が増えますから、グランドの代わりに使う公園有無、近さ、利用回数なども確認してみてください。

1.Global Step Academy International School 

グローバル・ステップ・アカデミーインターナショナルスクール

ポイント:多摩地域の国際色豊かなインター、GSAのオンラインレッスン特典も魅力

東京都立川市にあり、近くにある横田基地からも多くの生徒さんが通学しています。一人一人の意見や考えを尊重する雰囲気を大事にし、子もたちが主体的に考え、「出来た!楽しい!」と思えるようなカリキュラムを用意。たくさんの先生やお友達とのさまざまな経験を通して、グローバルな視点や考え方を持った人材を育成していきます。

カリキュラムは、探求型カリキュラムIEYC(国際初等カリキュラム)を採用し、1,2か月で一つのテーマを複数の教科からアプローチ。ジョリーフォニックスで、英語発話の基礎となる音を、アクションや歌を通じて覚えます。

音楽、体育、ダンスは専任講師が担当。ひらがな、カタカナや日本の四季・文化を学ぶ時間では、日本への理解を深めます。その他、グループのグローバルステップアカデミーの特典もあり、アフタースクール、季節プログラムも充実しています。

住所:東京都立川市柴崎町6-14-26
電話:042512-8317
開所:月金 9:00-14:30(延長保育8:009:0014:3018:00
対象:2歳~6歳 ※認可外保育施設(幼児教育無償化対象)
特典:GSAのオンラインレッスン毎月25×8回無料&進学サポート

全体の32%がネイティブ(10月末時点)。スクールバス有、スクールランチ有(持参も可)。クラス担任はネイティブスピーカー。日本人保育士も常駐しており、生活面でのケアや保護者の対応に。専用アプリで日々の報告や園からのお知らせのほか、写真や動画もアップ。保護者観覧行事も多数あり。

2.SOLTILO GSA International School 

ソルティーロ GSA インターナショナルスクール

ポイント:子どもの可能性を信じ、選択肢を広げる、英語×スポーツで世界へアプローチ

サッカー教室を運営するソルティーロファミリアサッカースクールと国際教育を展開するグローバルステップアカデミーによるインターナショナルスクール。2019年4月に開校し、約60人が在籍。子どもたちの可能性を信じ、選択肢を広げたいという2社の共通の思いから、「子どもたちが夢を持てる機会を提供する」ことをビジョンに掲げています。心身発達のためのスポーツ教育メソッドとインターナショナルスクールのカリキュラムを融合し、「子どもたちの理性と思考を育み、英語とスポーツの習得」を目指します。

カリキュラムは、探求型カリキュラムIEYC(国際初等カリキュラム)を採用し、1,2か月で一つのテーマを複数の教科で学習。0‐1歳クラスは日本人保育士が、その他のクラスは、ネイティブスピーカーが担任。週1回、童謡や童話を通じで日本文化も学びます。スポーツは、専用講師が担当。

専用のキッチンがあり、自園調理のランチとスナックは好評。月1回、世界の料理を提供するなど食育にも力を入れています。

住所:千葉市美浜区若葉3118幕張ベイパーククロスレジデンス2F
電話:080-75662215
開所:月土 7:30‐18:309:0014:30がアカデミックタイム)
   日曜日にはサッカークラスとGSAのオンラインレッスンを提供
対象:0歳7か月~6
特典:GSAのオンラインレッスン毎月25×8回無料&進学サポート
SOLTILO FAMILIA SOCCER SCHOOL入会金無料

続きは、連載2 インターナショナルスクールフェア 2021 開催レポート 午前の部へ

eduJUMP! 編集部
eduJUMP!は、子どもたちが世界のどこでも誰とでも、共に生きていき、夢を実現できるような教育を紹介するメディアとして設立されました。保護者・子ども自身・教育関係者の3者を対象に、子どもたちの未来を拓くために有用と思える情報を、当ウェブメディアやイベントを通じて提供します。
- Advertisement -spot_img

関連記事