後悔しないインターナショナルスクール選び

後悔しないインターナショナルスクール選び

インターナショナルスクール(小学校/中学校/高等学校)は世界に数万以上の学校が存在します。

本記事は、2022年開校準備中の国際高等学校の寄稿です。

一体何をもって「インターナショナルスクール」と言えるのか?

重要なのはその国際的な教育課程(カリキュラム)を誰が認可したのか?という基準です。

なんとなくの雰囲気で選択して、後から後悔するケースが多いのは、この認可基準による教育の質保証が欠落している場合です。

特に全ての教育が英語で行われる場合、実際の教育の中身まで確認することが難しいので「認可主体」を考えることは重要です。

認可主体が存在するということは、その運営に関する定期的な審査体制が働いている証拠。

ちなみに日本国内では「Article 1 School(一条校)」以外は「各種学校扱い」となることは要注意です。

インターナショナルスクール認可組織

  • Article 1 School(文科省/都道府県)
  • IB School(International Baccalaureate)
  • CIS School(Council of International Schools)
  • WASC School(Western Association of Schools and Colleges)

ボーディングスクール認定組織

  • The Boarding Schools’ Association

国際的な認定を受けていること。

それが重要なインターナショナルスクール選びの一つです。


NUCB International College
国際高等学校 2022年開校準備へ

次世代で活躍できる国際感覚を備えたリーダー育成と独創性の高い教育環境を実現すべく、全寮制の多文化共生型インターナショナル・ボーディングスクール(全寮制国際高等学校)の設置を計画しています。
URL:https://ic.nucba.ac.jp/jp/
〒470-0193 愛知県日進市米野木町三ヶ峯4-4
TEL 0561-73-8181(代表) 月-金曜9:00-17:00

eduJUMP! 編集部
eduJUMP!は、子どもたちが世界のどこでも誰とでも、共に生きていき、夢を実現できるような教育を紹介するメディアとして設立されました。保護者・子ども自身・教育関係者の3者を対象に、子どもたちの未来を拓くために有用と思える情報を、当ウェブメディアやイベントを通じて提供します。
- Advertisement -spot_img

関連記事