2. インターナショナルスクールの歴史 戦争と閉校

インターナショナルスクールは、戦争により、何度か閉校へ

1. インターナショナルスクールの歴史は、こちらをご覧ください。

貿易が盛んな横浜、神戸などに多くのインターナショナルスクール(外国人学校)が開校していきましたが、第一次、第二次世界大戦に入ると多くのインターナショナルスクールは閉校しました。

再び、日本のインターナショナルスクールが開校していくのは戦後です。

GHQの占領下で全国にアメリカ軍基地があったため、アメリカンスクールとが全国に増えていきました。

高度成長を遂げた1970年代は、日本で最古の国際バカロレア認定校「セントメリーズ インターナショナルスクール」が開校しました。

正確に述べるのであれば、東京都港区にある聖心インターナショナルスクールが、国際バカロレアの日本初の認定校です。

同校は、すぐに国際バカロレアをカリキュラムから外し、認定校から外れました。

そのため国際バカロレアを日本で最初の頃から続けているインターナショナルスクールは、セントメリーズ インターナショナルスクールです。

そのため、編集部は、セントメリーズ インターナショナルスクールが日本最古の国際バカロレア認定校と判断しています。

※フランス語、ドイツ語などのインターナショナルスクールもあります

外国人のための日本にある学校

インターナショナルスクールは、元々、外国人駐在員の子どものための教育機関として開校したため、日本の大学は、インターナショナルスクール卒業生に大学受験資格を与えていませんでした。

学校教育法の第1条に掲げられている教育施設ではく、多くのインターナショナルスクールが各種学校法人として運営されていたため、義務教育を履修し、高等学校を卒業したと同等とされていなかったからです。

しかし、1981年より文部科学省は、国際バカロレアや海外の教育委員会から指定を受けたインターナショナルスクール高等部の卒業生は、高校を卒業したとと同等とする、と指定しています。

その後、文部科学省は、日本における国際バカロレア認定校200校計画を打ち出しました。

編集長 村田 学
eduJUMP!創刊編集長 元インターナショナルスクール経営者で、国際バカロレアの教員研修を修了。 日本初のインターナショナルスクール専門メディアの創刊編集長を務めた後、eduJUMP!創刊に伴い編集長に就任。 【エピソード】 人生初めての学校である幼稚園をわずか2日半で退学になった「爆速退学」経験者。 「幼稚園退学」により、3歳から孤独な国際教育評論家として教育について考え始める。 日本帰国後も、帰国生として日本の教育制度に馴染めず、さらに孤独な国際教育評論家としてアメリカ、日本を比較し、考え続けてきた。 【取材協力】 TV、ラジオなどにも出演し、新聞のインタビュー、雑誌などにも寄稿している。各メディアの取材協力も数多く手掛けている。
- Advertisement -spot_img

関連記事