分析!三井物産が世界で挑む教育とは?

編集部は、国際教育を調査する中である総合商社に注目しました。

人財を重視する三井物産です。

三井物産の国際教育の動きをまとめたのがこちらの図です。
▽こちらの図は、シェアフリーです。

2015年以後、三井物産が進めてきた事業のひとつが「国際教育」です。

三井物産の「国際教育」は、2015年英国QS社への出資からスタートしまし。

QS社は、主に留学エージェントと国際教育メディアを中心としています。

▽QS社が公表する「世界大学ランキング」は、進学先を考える生徒・保護者、学校、教育関係者に大きな影響力を持っています。引用:同社公式リリースのスクリーンショット。

QS社は、留学エージェントとして大学・大学院と強いコネクションを築いています。
ブログやレポートは、無償で公開されています。

同時に「QS世界大学ランキング」を最大限に活用し、ブログでは「アジア2021でトップの大学は?」と題する記事などを掲載しています。

▽ アジアトップ大学をランキングとして記事にするQS社のブログ。引用:同社公式ブログのスクリーンショット。

世界の大学からオンライン教育へ

QS社が世界の大学、大学院に影響力を持ち、留学エージェントとして活動する中で、三井物産は、さらに国際教育領域に踏み込みます。

それがオンライン英会話です。

2015年にオンライン英会話のレア・ジョブに約20%出資しました。
上場していたレア・ジョブの既存株主から株を購入し、さらに第三者割当増資を引き受けました。

コロナ禍でオンライン教育が普及し、レア・ジョブも生徒数を伸ばしています。

▽引用:同社公式リリースのスクリーンショット。

QS社の大学・大学院の留学エージェントとオンライン英会話で国際教育に取り組んできた三井物産。

メディアとオンラインの参画から1年。
三井物産は、国際教育分野を成長マーケットとしてさらに踏み込みます。

三井物産は、2016年英国の名門ボーディングスクールであるセント・オールバンズスクールのアジア中東のフランチャイズ権利に出資しました。

▽ セント・オールバンズスクールの公式インスタグラムより引用。

 

この投稿をInstagramで見る

 

St Albans School(@sasherts)がシェアした投稿

男女共学で約860名が学ぶセント・オールバンズスクール。男子は11歳から18歳まで、女子は、16歳から18歳を受け入れています。そのため生徒構成の男女比は9:1です。

三井物産は、セント・オールバンスのアジア・中東地域でのインターナショナルスクール事業の運営会社に経営参画しました。引用:同社公式リリースのスクリーンショット。

セント・オールバンズは、インターナショナルスクールとしてアジア中東で展開できる権利です。

インターナショナルスクールとオンライン英会話で、英語力を育てるオンラインと通学型のインターナショナルスクールと相性の良い国際教育事業の座組みができました。

英語初心者にオンライン英会話で学ぶ機会を増やし、インターナショナルスクールを開校することが可能です。

QS社の世界の大学、大学院のコネクションを活かせば、インターナショナルスクールとオンライン英会話の生徒を進学ガイダンスが充実します。

コロナ禍で伸びるオンライン英会話

コロナ禍で英会話のレアジョブは、前年同月比で20%以上売り上げが増え、営業利益は68%増(2020年度第三四半期)伸びています。

コロナが落ち着くと留学が再開され、QS社の留学エージェントサービースは、世界の大学・大学院に生徒を送ります。

同時に、世界大学ランキングを公表し大学に影響力を持ちます。

コロナ禍が落ち着くと中国、インド、中東などで英国の名門セント・オールバスをインターナショナルスクールで開校することも検討できます。

三井物産が商社として着々と進める国際教育業界の布石。
コロナ禍でも、コロナ後も国際教育で軸のある展開が期待できそうです。

なぜ三井物産は、教育事業を進めるのか?

同社はCSRで次のように社会貢献に対する考え方をリリースしています。

「国際交流」「教育」「環境」の3分野を「社会貢献活動方針」の重点領域に定め、当社の強み知見を活かせる多文化共生、国際的視野を持った人材の育成、地球環境に関する取り組み等を行なっています。

社会貢献として、教育に取り組んできた結果、成長産業である国際教育で特徴ある経営参画となりました。

世界で影響力がある持ち札を持っています。
編集部の調査では、2017年以降、三井物産の国際教育の動きに目立った変化がありません。

セント・オールバンズの日本展開、レア・ジョブとQS社のコラボレーションなどシナジーが期待されます。

「人」の三井物産。

そこには、世界規模で迅速に動く総合商社としての三井物産と社会貢献として教育に取り組む姿がありました。

編集長 村田 学
eduJUMP!創刊編集長 元インターナショナルスクール経営者で、国際バカロレアの教員研修を修了。 日本初のインターナショナルスクール専門メディアの創刊編集長を務めた後、eduJUMP!創刊に伴い編集長に就任。 【エピソード】 人生初めての学校である幼稚園をわずか2日半で退学になった「爆速退学」経験者。 「幼稚園退学」により、3歳から孤独な国際教育評論家として教育について考え始める。 日本帰国後も、帰国生として日本の教育制度に馴染めず、さらに孤独な国際教育評論家としてアメリカ、日本を比較し、考え続けてきた。 【取材協力】 TV、ラジオなどにも出演し、新聞のインタビュー、雑誌などにも寄稿している。各メディアの取材協力も数多く手掛けている。
- Advertisement -spot_img

関連記事