セレブ教育ハック 1:英国王室 ジョージ王子のモンテッソーリ教育

セレブ教育ハックは、著名人の子どもの教育をヒントとする連載です。

1回目は、英国王室のウィリアム王子、キャサリン妃がジョージ王子にモンテッソーリ教育を選んだ事例を紹介しましょう。

子どもの性格や素質は、さまざまです。

また育つ環境、家庭の教育理念によってもお子さんの未来は変わります。
広い選択肢から子どもに合う園や学校、習い事などを選びたいですね。

そこで子どもが輝く学びの選び方として、セレブリティーの子育ても参考にしながら、学びの選択肢を「セレブ教育ハック 」としてご紹介します。

1回目は、ウィリアム王子、キャサリン妃がジョージ王子に選んだ「モンテッソーリ教育」です。

ジョージ王子のモンテッソーリ

ジョージ王子は、英国王室の王位継承権の3位となり、チャールズ皇太子、ウィリアム王子に続きます。

そのため英国王室が、未来の王様にどのような教育をするのか。
ジョージ王子の最初の「学校選び」は、世間的に大きな注目を集めました。

誕生時からすべてにおいて注目を集めたジョージ王子が最初に通った教育機関は、Westacre Montessori School Nursery in Norfolk です。

Westacre Montessori School Nursery in Norfolkの公式サイトより引用

ウィリアム王子、キャサリン妃は、ジョージ王子を2歳からモンテッソーリ教育を取り入れたWestacre Montessori Schoolに通い始めました。

ナーサリーは、日本の保育園の2歳児クラスをイメージすると分かりやすいですね。

ジョージ王子は、当時イギリスのノーフォークにあるAnmer  Hall(エリザベス女王から結婚祝いに譲り受けた屋敷)に住んでいました。

ウィリアム王子、キャサリン妃は、ジョージ王子の最初の学校選びに家から近い、生徒数20人前後のアットホームなモンテッソーリ教育に取り組んでいるナーサリーを選びました。

公式インスタグラムでもモンテッソーリの用具がアップされています。

カラフルで、そして木の温もりが伝わってきます。

こうしてジョージ王子は、ウィリアム王子と二代続けてモンテッソーリ教育で学んだ王族となりました。

モンテッソーリ教育とは?

モンテッソーリ教育は、19世紀にイタリアの医者であり教育者であったマリア・モンテッソーリによって生み出された教育法です。

モンテッソーリには、独自の道具があります。

モンテッソーリ教育の目的は、「自立していて、有能で、責任感と他人への思いやりがあり、生涯学び続ける姿勢を持った人間を育てる」ことです。

モンテッソーリ教育を理解するのに重要なポイントがあります。

それが、「子どもには、自分を育てる力が備わっている」という前提に立ち、子どもには「自己教育力」があることです。

「大人が教える、子どもは教わる」従来の発想ではなく、「自己教育力」がキーポイントです。

ジョージ王子がアメリカを訪問した時の一枚の写真があります。

当時のホワイトハウスでオバマ大統領と握手するジョージ王子の写真は、話題となりました。

実は、オバマ元大統領もモンテッソーリ教育を受けた一人。

この写真には、「自立し、他者への思いやり」というモンテッソーリ教育の理念も感じ取ることができます。

モンテッソーリ教育は、100年後の今も世界中でさらに発展しています。

その後、ジョージ王子は、Westacre Montessori School Nursery in Norfolkを卒園後、小学校はロンドンにあるThomas’s London Day Schools に進学しました。

「セレブ教育ハック」シリーズ 2回目に続きます。

eduJUMP! 編集部
eduJUMP!は、子どもたちが世界のどこでも誰とでも、共に生きていき、夢を実現できるような教育を紹介するメディアとして設立されました。保護者・子ども自身・教育関係者の3者を対象に、子どもたちの未来を拓くために有用と思える情報を、当ウェブメディアやイベントを通じて提供します。
- Advertisement -spot_img

関連記事