【学校分析】英国 名門 ハロウ安比校 開校計画

イギリスの名門ハロウ校のインターナショナルスクールが2022年岩手県安比高原に開校計画があります。

注目のハロウインターナショナルスクール安比ジャパン(以下、ハロウ安比校)のイベントがオンラインで開催されました。

編集部は、オンラインイベントと独自の取材からハロウ安比校の開校計画を分析してみました。

創立450周年でハロウ安比校が開校へ

注目は、イギリスのハロウ校が開校して450周年の記念として日本にハロウ安比校が開校が計画されていることです。

ハロウは、この25年間にバンコクを皮切りに上海、北京、香港でハロウインターナショナルスクールを開校し、2020年は、中国の重慶、深セン、南寧、海口にも開校しました。

2021年には中国の珠海にも開校。

そして、450周年の2022年に日本のハロウ安比校が開校を計画しています。

リゾート型のインターナショナルスクール

アジアで開校しているハロウ校のインターナショナルスクールは、都市型です。
450周年に開校するハロウ安比校は、11歳から18歳の子どもたちのために全寮制の学校として岩手県安比高原に開校を計画しています。

これまでの都市型キャンパスから自然環境に恵まれたリゾート型キャンパスです。

450周年として、日本の安比高原に開校を計画することにハロウ校の信念を感じます。

同時にハロウインターナショナルスクールがこれまで都市型でできなかった学びをハロウ安比校で取り組むことがローンチイベントでも明確になりました。

ハロウ安比校の特徴とは?

開校計画で編集部が注目して、分析している学びです。
なお、開校計画段階の分析です。

1.イギリス式教育課程
イギリスの教育課程は、日本より1年早く始まります。
そのため1年生は、日本の年長が該当します。
ハロウ安比校もイギリスの教育課程を導入するため、11歳から18歳を対象としています。

2.中高の全寮制
在校生は、寮で生活する全寮制です。
全寮制のため学びや部活動、課外授業を自然環境を活かした授業を受けることができます。

3.教養とスポーツ、自然のバランス
安比高原は、雪質の良いスキー場とゴルフ場があります。
ハロウ安比校は、春・夏・秋はゴルフ場、冬はスキー場を部活で取り組むことができます。
テニスコートは、13面が用意され、心身の成長のためにスポーツに取り組める環境です。

4.大学受験は、ケンブリッジ国際試験
ハロウ安比校は、イギリス式のカリキュラムを採用しています。
世界のインターナショナルスクールでは、ケンブリッジ国際カリキュラムを約1万校が採用しています。
世界標準と呼ばれるカリキュラムの国際バカロレアは約6千校です。

世界的にも、歴史的にもケンブリッジ国際カリキュラムの方が世界標準です。
ハロウ安比校は、ケンブリッジ国際カリキュラムとハロウの独自カリキュラムで学びます。

アジア太平洋の統括校長のマイケル・ファーリー氏がローンチイベントで登壇しました。

大学志願は、ケンブリッジ国際カリキュラムを学んだ生徒が受験するケンブリッジ国際試験を受験します。

通称Aレベルと呼ばれており、通常3〜4科目に絞り、6段階の評価を受けます。
また中学生相当が受験するIGCSEなどの試験も受けます。

ハロウ校の著名な卒業生とは?

ハロウ校の校風の卒業生に元英国首相で唯一のノーベル文学賞を受賞したウィストン・チャーチルです。

ウィストン・チャーチルは、ハロウの学びである文学や美術の教養を体現する人物のひとりです。
第二次世界大戦下で難局を潜り抜け、政治とともに戦争においてもイギリスを守り抜きました。

その分析力、判断力、逆境で信念を貫く姿は、チャーチルの性格とともに思春期に全寮制のハロウ校で学んだことが活きていると考えられます。

1929年にアメリカのハリウッドにいるチャップリンを訪問したチャーチル。 T. Garrett (+1935\), Public domain, ウィキメディア・コモンズ経由で引用。

ノーベル文学賞を受賞した作家としての側面とチャーチルの趣味のひとつが「絵画」でした。
パブロ・ピカソが「チャーチルは画家を職業にしても、十分食っていかれただろう」と評価したほどの腕前でした。

ウィストン・チャーチルは、ハロウの学びである文学や美術の教養を体現する人物のひとりです。

ハロウ安比校はイギリスのハロウ校が持たないスキー場に隣接しています。

ハロウ安比校は、英国本校と海外の各インターナショナルスクールで歴史と伝統をその国でローカライズもしてきました。

例:ハロウ校×バンコク(タイ)
ハロウ校×香港
ハロウ校×上海(中国)など

今回、日本では、STEAM教育やスポーツ、自然などの教育でさらにバージョンアップしたとハロウの教育が実施されます。

いわば、次世代のハロウの教育に出会える計画がハロウ安比校といえます。

そのため、自然と触れ合う中でより精神的にバランスが取れ、多様な生徒ともに学び、リーダーシップを持った人材が安比校から輩出されるのではないでしょうか。

ウィストン・チャーチルが20世紀のハロウ校の著名な一人であれば、21世紀の著名な一人は、ハロウ安比校から世界に出ていくのではないでしょうか。

編集部は、開校計画で日本にハロウ校が開校する意義を450年の歴史から期待とともに分析しました。

詳しくは、公式ホームページをご参照ください。

公式HP:ハロウインターナショナルスクール安比ジャパン

写真提供:ハロウインターナショナルスクール安比ジャパン

編集長 村田 学
eduJUMP!創刊編集長 元インターナショナルスクール経営者で、国際バカロレアの教員研修を修了。 日本初のインターナショナルスクール専門メディアの創刊編集長を務めた後、eduJUMP!創刊に伴い編集長に就任。 【エピソード】 人生初めての学校である幼稚園をわずか2日半で退学になった「爆速退学」経験者。 「幼稚園退学」により、3歳から孤独な国際教育評論家として教育について考え始める。 日本帰国後も、帰国生として日本の教育制度に馴染めず、さらに孤独な国際教育評論家としてアメリカ、日本を比較し、考え続けてきた。 【取材協力】 TV、ラジオなどにも出演し、新聞のインタビュー、雑誌などにも寄稿している。各メディアの取材協力も数多く手掛けている。
- Advertisement -spot_img

関連記事