1.プリスクール卒園児は「小1英語の崖」が待ち構える。

1.プリスクール卒園児は「小1英語の崖」が待ち構える。

プリスクールに通っていた子どもが日本の国公私立小学校に進学すると「学校生活」が全て日本語になります。

そのため、プリスクールで習得した英語力が夏前に下がっていくことを「小1英語の崖」と呼ばれています。

言語は、使っていないと忘れてしまいます。
幼児から児童期において、言語の習得が早い分、忘却する力も早いため、「小1英語の崖」が存在します。

▽時間軸と英語力を図にすると下記のようになります。

プリスクール卒園児の英語力の変化は、主に3つのパターンがあります。

1.英語向上型

英語向上型は、年長から小1の英語力へ伸ばすことができた場合です。
放課後に毎日、英語のアフタースクールなどに通い、英語で聞く、話す、読む、書くをケアした場合、英語4技能はプリスクール卒園時よりも向上します。

課題は、小学校になって他の習い事や友達と遊ぶことよりも英語アフタースクールなど時間的に確保しなければならないことです。

2.英語維持型

英語維持型は、プリスクール卒園時の英語力を維持するケースです。
週に何日か英語教室に通い、オンライン英会話など英語に触れる時間を確保し、維持するケースです。

課題は、英語4技能がプリスクール卒園時の英語力のまま向上することがない点です。

3.英語の崖型

プリスクール卒園児が、日本の学校に通い、放課後に英語アフタースクールや英語教室、オンライン英会話に通わなかった場合、英語力は、夏前に急速に忘れていきます。

子ども自身が気付かないまま、「英語力」が失われてしまいます。

では、プリスクール卒園児が「小1英語の崖」ではなく「英語力向上型」に変化させるには、どのような準備が必要でしょうか。

2.こうしてプリスクール卒園児の「小1英語の崖」を乗り越えよう!は、近日公開です。

▽こちらの関連記事もおすすめです。

連載1: バイリンガルな子どもを育むための基礎知識

2歳から5歳までの鉄板サマースクール術

編集長 村田 学
eduJUMP!創刊編集長 元インターナショナルスクール経営者で、国際バカロレアの教員研修を修了。 日本初のインターナショナルスクール専門メディアの創刊編集長を務めた後、eduJUMP!創刊に伴い編集長に就任。 【エピソード】 人生初めての学校である幼稚園をわずか2日半で退学になった「爆速退学」経験者。 「幼稚園退学」により、3歳から孤独な国際教育評論家として教育について考え始める。 日本帰国後も、帰国生として日本の教育制度に馴染めず、さらに孤独な国際教育評論家としてアメリカ、日本を比較し、考え続けてきた。 【取材協力】 TV、ラジオなどにも出演し、新聞のインタビュー、雑誌などにも寄稿している。各メディアの取材協力も数多く手掛けている。
- Advertisement -spot_img

関連記事