インターナショナルスクールに向いているお子さんと家庭とは?

インターナショナルスクールに向いているお子さんと家庭とは?

編集部がインターナショナルスクールに子どもを通わせている家庭の進路相談を受けているとインターナショナルスクールが向いている子どもと家庭に傾向があることがわかりました。

インターナショナルスクールが向いている家庭は、保護者に英語力があり、何事にも挑戦していくポジティブさがあることです。

保護者自身が、多様な人とコミュニケーションすることが好きで留学経験が多いのも特徴です。

自ら考え、行動できるお子さんは、インターナショナルスクールで伸びていきます。

その一方で、いわゆる指示に待ちの子にはあまり向いていません。

伝統的な価値観を重視し、新たな文化を受け付けない思考の家庭は、インターナショナルスクールには向きません。

例えば、担任の先生のことを「ケビン」と呼び捨てにする文化や教職員と保護者がバーベキューでビールを飲みながら寄付金を集めるなどカジュアルな文化があります。


日本の文化の良さである儒教的精神が強い家庭は、インターナショナルスクールに向いていないといえます。

物事をルーティーンとして取り組むことを好む家庭は、インターナショナルスクールの自分で考え、選ぶ校風に入学後に驚き、転校するケースもあります。

また、インターナショナルスクールは、1日のがかりの英語による保護者会が行われることもあります。
保護者も子どもの教育に深く関わる覚悟が必要です。

保護者会のために、有給や英語による1日がかりの説明を「我が子のため学校の教育に協力していく」気持ちが必要です。

英語力に加えて、積極的に学校に参加し、子どもとともに成長することを望む家庭にとってインターナショナルスクールは、理想的な学びの場といえます。

eduJUMP! 編集部
eduJUMP!は、子どもたちが世界のどこでも誰とでも、共に生きていき、夢を実現できるような教育を紹介するメディアとして設立されました。保護者・子ども自身・教育関係者の3者を対象に、子どもたちの未来を拓くために有用と思える情報を、当ウェブメディアやイベントを通じて提供します。
- Advertisement -spot_img

関連記事