なぜ、インターナショナルスクールが人気なのか?

なぜ、インターナショナルスクールが人気なのか?

インターナショナルスクールに通わせている家庭は、どのような理由があるのでしょうか?

編集部は、インターナショナルスクールを経営し、進学相談なども対応してきた経験があります。

多くのご家庭は、「英語で学んで将来は、国内外で活躍できる子になって欲しいから」インターナショナルスクールに通わせています。

「国内外で活躍できる子になって欲しい」と望む保護者は“英語で学ぶこと”を重視します。

「自分の頭で考えて実行できる子に育って欲しい」という家庭も増えてきました。

「探究型」と呼ばれるテーマ学習に近い学びを英語ですることで、問題発見力と問題解決能力を英語、日本語で身につけられるのも魅力と考えています。

実際に、授業参観やテーマ学習で出される宿題に保護者が驚く姿を見てきました。

実は、そこで驚くのが次の点でした。

iPadもパソコンも使いこなす!

実は、多くの保護者が驚くのがICT教育が自然と身に付くカリキュラムです。

国際バカロレアではエキシビジョン(発表会)で工作でテーマについて模型を作り、さらに英語でプレゼンテーションすることも多々あります。

毎日の授業もプリスクールも年長組では、タブレットを使ってテーマに沿った動画を撮影し、編集し、文章とともにレポートにします。

インターナショナルスクールでは、1980年代にアメリカンスクール・イン・ジャパンでプログラミングの授業を開始していました。

参考までにwindows95が発売されたのが1995年です。

アメリカンスクールの卒業生で、日本人初のアメリカのMITのメディアラボ所長になった伊藤穰一氏がいることからも、インターナショナルスクールの探究的な学びとパソコンなどがツールとして使いこなされていたことがわかります。

編集長 村田 学
eduJUMP!創刊編集長 元インターナショナルスクール経営者で、国際バカロレアの教員研修を修了。 日本初のインターナショナルスクール専門メディアの創刊編集長を務めた後、eduJUMP!創刊に伴い編集長に就任。 【エピソード】 人生初めての学校である幼稚園をわずか2日半で退学になった「爆速退学」経験者。 「幼稚園退学」により、3歳から孤独な国際教育評論家として教育について考え始める。 日本帰国後も、帰国生として日本の教育制度に馴染めず、さらに孤独な国際教育評論家としてアメリカ、日本を比較し、考え続けてきた。 【取材協力】 TV、ラジオなどにも出演し、新聞のインタビュー、雑誌などにも寄稿している。各メディアの取材協力も数多く手掛けている。
- Advertisement -spot_img

関連記事