なぜ、ハーバード大学は志願者に22の問いかけをするのか?

ハーバード大学が探している人物像とは?

ハーバード大学のアドミッションホームページに「典型的なハーバード大学生はない」という言葉が編集部に刺さりました。

「私たちが探している学生」のページに掲載されています。

“There is no such thing as a “typical Harvard student”

その理由を掘り下げていくとハーバード大学が志願者へ問いかける質問に出会いました。
それは、私たち大人にも通じる質問です。

「なぜ、ハーバード大学は志願者に22の問いかけをするのか?」にまとめてみました。

成長と可能性の問いかけ

シンプルな質問ですが、振り返りと自分の未来を考えさせます。

Q,あなたは、あなたの最大の学問的および個人的な可能性に達しましたか?

Q,運動やストレッチをしていますか?

Q,学業、フルタイムまたはパートタイムの職業、またはその他の分野で能力を発揮するために働いていますか?

Q,もっとできるための予備力はありますか?

Q,時間をどのように使いましたか?

Q,主導権を持っていますか?あなたは、自発的ですか?何があなたを動機づけますか?

Q,方向性はもうありますか?それは何ですか?そうでない場合、あなたはそのために、多くのことを探求していますか?

Q,1年後、5年後、または25年後どこにいますか?あなたはあなたの周りの人々にどのように貢献していますか?

Q,あなたは今どんな人間ですか?将来はどんな人間になりますか?

興味と活動

高校生が地域でどのように深く考え、実行に移したのか。興味と行動を分析するように求めています。

Q,あなたは、知的に深く物事に注意を払い、気にかけていますか?それは学校外のことですか?個人的なことですか?

Q,あなたは、興味からどのように学びましたか?あなたは自分の興味を持ったこと、ものにどのような行動をしましたか?そして、どのような結果を達成しましたか?成功または失敗であったとしても、その結果、何を学びましたか?

Q,部活動や社会奉仕、スポーツ、地域活動または家族に対して、様々な機会を最大限に活用しましたか?

Q,あなたは、自分の活動の質をどのように捉えていますか?あなたは、その活動の本質を理解し、リーダーシップを持っていますしたか?

Q,家族や家計を助ける仕事のために高校で課外活動をする時間があまりなかった場合、ハーバード大学でそれらから解放されて、自由時間を得た場合、ハーバードで何を探究したいと思いますか?

あなたの性格

振り返りとこれまでの地域社会での接し方から、個人の能力を分析するように促します。

Q,あなたは、あなた自身のために、どのような選択をしましたか?その理由は?

Q,あなたは、遅咲きの人間ですか?

Q,新しいアイデアや人々に対して、どのように受け入れることができますか?

Q,あなたの成熟度、性格、リーダーシップ、自信、ユーモアのセンス、熱意、他人への関心、そしてプレッシャーの下でどのように振る舞えますか?

ハーバードコミュニティーへの貢献

個人の分析から、ハーバード大学でどのような学びとコミュニティーにできるか?を問い掛けています。

Q,あなたは、大学生活のプレッシャーと自由に立ち向かうことができますか?

Q,ハーバードとクラスメートに何か貢献してくれませんか?ハーバードの経験から恩恵を受けることができますか?

Q,他の学生はあなたと一緒に部屋を共有し、食事を共にし、一緒にゼミに参加したり、チームメイトになったり、緊密な課外グループで協力したいと思いますか?

ハーバード大学は、志願者に22の問いかけをまとめてみました。

ハーバード大学でも、社会人でも家庭でも高い倫理観と自分の内省。そして、実際の行動力。ハーバード大学の志願者への問い掛けは、私たち自身に響きます。

注記:編集部による翻訳。直訳ではなく、意訳を含む。

参照:ハーバード大学公式ホームページ
https://college.harvard.edu/admissions/apply/what-we-look
https://college.harvard.edu/life-at-harvard/diversity-inclusion
https://college.harvard.edu/admissions/apply
https://college.harvard.edu/admissions/apply/international-applicants

eduJUMP! 編集部
eduJUMP!は、子どもたちが世界のどこでも誰とでも、共に生きていき、夢を実現できるような教育を紹介するメディアとして設立されました。保護者・子ども自身・教育関係者の3者を対象に、子どもたちの未来を拓くために有用と思える情報を、当ウェブメディアやイベントを通じて提供します。
- Advertisement -spot_img

関連記事