ボーディングスクールの入試とは?

ボーディングスクールの入試とは?

ボーディングスクールにも入試があります。

本記事は、2022年開校準備中の国際高等学校の寄稿です。

難易度は低学年ほど入学しやすいという話をスイスのとある著名なボーディングスクールの入試担当者と意見交換したことがあります。

その真意は、低学年ほど「柔軟性」に富んでいるから。

語学力としての柔軟性もさることながら、ボーディングスクールの生活はある種独特で自宅よりも窮屈に感じる部分もあり、柔軟性が問われるためです。

しかし、その生活を経験することでリーダーとしての「人間としての内面の成長」を得られる価値があるので、世界のリーダー達はその後継者を送り込んでくるのです。

他にボーディングスクールの入試で重要視されることは?それは「保護者面接」です。

多くの場合、本人の面接の前後にAO(入試担当者)による保護者面接が行われ、ボーディングスクールの教育や価値に対する理解と協力体制が確認されます。

実は、ここは本人の入試と同様かそれ以上に重要です。

学校と保護者との相互理解のためにも、入試の直前に問い合わせするのではなく、何年も前からAOに打診することをお勧めいたします。


NUCB International College
国際高等学校 2022年開校準備へ

次世代で活躍できる国際感覚を備えたリーダー育成と独創性の高い教育環境を実現すべく、全寮制の多文化共生型インターナショナル・ボーディングスクール(全寮制国際高等学校)の設置を計画しています。
URL:https://ic.nucba.ac.jp/jp/
〒470-0193 愛知県日進市米野木町三ヶ峯4-4
TEL 0561-73-8181(代表) 月-金曜9:00-17:00

eduJUMP! 編集部
eduJUMP!は、子どもたちが世界のどこでも誰とでも、共に生きていき、夢を実現できるような教育を紹介するメディアとして設立されました。保護者・子ども自身・教育関係者の3者を対象に、子どもたちの未来を拓くために有用と思える情報を、当ウェブメディアやイベントを通じて提供します。
- Advertisement -spot_img

関連記事