ボーディングスクールに対する誤解

ボーディングスクールに対する誤解

全寮制の学校は宗教学校であるのではと多くの人が誤解しています。

本記事は、2022年開校準備中の国際高等学校の寄稿です。

全寮制というのは、宗教学校がその教えを日常生活まで浸透させるため学生に寮生活を送らせるというイメージを持つ方も多いかもしれませんが、現代の全寮制をとる多くの学校について、そのイメージは必ずしも正しいとは言えません。

ダイバーシティ Diversity

現代の全寮制をとる多くの学校は、宗教、文化において異なる様々なバックグランドを持つ学生が一緒に学び生活する“Diversity”を重要視する場合が多いのが特徴です。

1つの宗教だけでなく、様々な宗教を持つ学生が同じ空間で共存することで学べることはとても多く、更に違いを認識し理解し合うことが、国際社会で活躍するには必要不可欠です。 

確かに、1400年以上の歴史を持つKing’s School(カンタベリー、イギリス)をはじめとする歴史の深い全寮制の学校は宗教に所属していることも少なくはありません。

ですが、今日では多くの全寮制学校が1つの宗教にこだわらず、宗教、文化において異なる様々なバックグランドを持つ学生が学びと生活を共にするInclusive(包括的)な環境を目指しています。


NUCB International College
国際高等学校 2022年開校準備へ

次世代で活躍できる国際感覚を備えたリーダー育成と独創性の高い教育環境を実現すべく、全寮制の多文化共生型インターナショナル・ボーディングスクール(全寮制国際高等学校)の設置を計画しています。
URL:https://ic.nucba.ac.jp/jp/
〒470-0193 愛知県日進市米野木町三ヶ峯4-4
TEL 0561-73-8181(代表) 月-金曜9:00-17:00

eduJUMP! 編集部
eduJUMP!は、子どもたちが世界のどこでも誰とでも、共に生きていき、夢を実現できるような教育を紹介するメディアとして設立されました。保護者・子ども自身・教育関係者の3者を対象に、子どもたちの未来を拓くために有用と思える情報を、当ウェブメディアやイベントを通じて提供します。
- Advertisement -spot_img

関連記事