ボーディングスクールの「寮の雰囲気」とは?

ボーディングスクールの「寮の雰囲気」とは?

Houseという仕組み

本記事は、2022年開校準備中の国際高等学校の寄稿です。

全寮制を採用する学校の多くは、”House”という単位で学生を数十人のグループに分け、年齢の異なる学生が個々の役割を担いながらHouse単位で生活をしています。

異なる個性の学生をまとめるHouse Masterも常駐し、教員とは異なる立場から必要なアドバイスを行ったり、生活面の相談にも乗ります。

特に国際高等学校では、大人のHouse Materだけでなく大学とキャンパスを共有する利点を活かします。

世界中から集まる大学生が寮生の身近なメンターとして活躍する予定です。

入寮学生の生活

門限や消灯時間等の入寮学生の健康や安全を守るためのルールは存在します。
自宅から通学していたとしても勉強に集中し、学業で成功するためには必要なものです。

寮のルールだから特に厳しいわけではなく、寮生がどの様に充実した寮生活を送れば学術的にも人間的にも成長できるか考えられたルールです。

また、寮では入寮者のための多くのアクティビティーが用意され、自分では考えつきもしないアクティビティーに参加できるチャンスも多くあります。

多様なクラブや課外活動

例えば、アーチェリーや弓道、ゴルフや空手、アニメ研究や演劇、映画制作、他にも自ら企画するボランティアや地域貢献活動などがあります。

信頼する寮メイトと一緒に協力しながら生活すること、時にはグループの中でリーダーシップを取ることで、寮生活の楽しさは何倍にも何十倍にも膨らみます。

多くの寮で個室ではなく2人部屋や3人部屋が採用されています。

各部屋でそれぞれが集中して勉強したり、必要な時にプライベートが保てられるように様々な工夫がされています。

国際高等学校の寮は、家庭的な雰囲気を保ちながら洗練されたスタイリッシュな空間の中に、各フロアにテーマの異なるリビングスペースが設けられます。


NUCB International College
国際高等学校 2022年開校準備へ

次世代で活躍できる国際感覚を備えたリーダー育成と独創性の高い教育環境を実現すべく、全寮制の多文化共生型インターナショナル・ボーディングスクール(全寮制国際高等学校)の設置を計画しています。
URL:https://ic.nucba.ac.jp/jp/
〒470-0193 愛知県日進市米野木町三ヶ峯4-4

eduJUMP! 編集部
eduJUMP!は、子どもたちが世界のどこでも誰とでも、共に生きていき、夢を実現できるような教育を紹介するメディアとして設立されました。保護者・子ども自身・教育関係者の3者を対象に、子どもたちの未来を拓くために有用と思える情報を、当ウェブメディアやイベントを通じて提供します。
- Advertisement -spot_img

関連記事