製造業におけるインターナショナルスクールの重要性

製造業におけるインターナショナルスクール

インドの新幹線プロジェクトを日本が落札したことにより、インドから新幹線の運転、保守、メンテナンスなど多くのインド人が家族で来日している。

 インド人永住者が多い江戸川区、江東区にインド人家族の駐在員が増え、インド式インターナショナルスクールのニーズが急増した。

 横浜に日産の本社が移転し、ルノーからの出向者などが横浜に家族で転勤しており、横浜においてインターナショナルスクールのニーズが90年代に増加した。

 また、日本とフランスは、原子力協定を結んでおり、青森県六ケ所村などフランス人技術者のためのフランス人学校が設置されている。

 製造業におけるエンジニア、プログラマーなど高度人材の獲得において、インターナショナルスクールは、欠かせないインフラである。

編集長 村田 学
eduJUMP!創刊編集長 元インターナショナルスクール経営者で、国際バカロレアの教員研修を修了。 日本初のインターナショナルスクール専門メディアの創刊編集長を務めた後、eduJUMP!創刊に伴い編集長に就任。 【エピソード】 人生初めての学校である幼稚園をわずか2日半で退学になった「爆速退学」経験者。 「幼稚園退学」により、3歳から孤独な国際教育評論家として教育について考え始める。 日本帰国後も、帰国生として日本の教育制度に馴染めず、さらに孤独な国際教育評論家としてアメリカ、日本を比較し、考え続けてきた。 【取材協力】 TV、ラジオなどにも出演し、新聞のインタビュー、雑誌などにも寄稿している。各メディアの取材協力も数多く手掛けている。
- Advertisement -spot_img

関連記事