1. 日本における大学の国際化 寄稿: 今川新悟氏

大学の国際化

 日本の大学における国際化は、これまでも「留学生30万人計画」や「国際化拠点整備事業(グローバル30)、「Go Global Japan」など、高等教育における国際化を推進すべく、様々な施策を講じてきている。

 2014年文部科学省により創設された「スーパーグローバル大学創生支援事業(SGU)」では、「トップ型(世界大学ランキングトップ100を目指す力のある大学)」に13大学、「グローバル化牽引型(我が国の社会のグローバル化を牽引する大学)」に24大学が選定され、世界トップレベルの大学との交流・連携を実現、加速するための取組や人事・教務システムの改革、学生のグローバル対応力育成のための体制強化などを進めてきている。

 目標として、2023年までに外国人留学生の数を73,536人(事業開始前である2013年の約2倍)、単位取得を伴う日本人留学経験者数の数を61,622人(キャンパスの約10人に1人が留学経験者になる割合)にすることを具体的な目標を掲げて目指している。

 大学教育における国際化は、企業側からも強く求められており、「Society 5.0に向けた大学教育と採用に関する考え方」(2020年3月31日 採用と大学教育の未来に関する産学協議会)においては、大学卒業までに身につけておくことが必要なリテラシーの一つとして「外国語コミュニケーション力」が挙げられている。Society 5.0に求められる能力を育成するには、大学において海外留学体験などの拡充が有効であるとされており、企業側としても「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」の推進や「経団連グローバル人材育成スカラーシップ事業」などにより、大学生の長期海外留学を奨励してきている。

 このように日本の大学の国際化は、企業側からも強く求められてきており、国際社会で活躍する人材の育成は急務の課題となっている。そのため、近年では語学留学や交換留学、留学生の受け入れに留まらず、各大学によって様々な形で国際化が推進されてきており、日本の大学と海外大学の2つの学位を同時に取得できるダブル・ディグリー・プログラムなども増加傾向にある。

 一方で、海外大学が日本にキャンパスを展開するケースも増えてきており、2005年にテンプル大学がジャパンキャンパスを開校して以降、現在は5大学(2019年7月2日時点)が日本校の指定を受けている。

 日本国内にいながら、海外大学の日本校へ進学することで、海外大学の学位を取得できる環境も整いつつあり、日本の大学の国際化が進むと同時に、海外大学の日本キャンパスを展開するなど、進路の選択の幅は大きく広がってきている。

寄稿:立命館大学 今川新悟氏

eduJUMP! 編集部
eduJUMP!は、子どもたちが世界のどこでも誰とでも、共に生きていき、夢を実現できるような教育を紹介するメディアとして設立されました。保護者・子ども自身・教育関係者の3者を対象に、子どもたちの未来を拓くために有用と思える情報を、当ウェブメディアやイベントを通じて提供します。
- Advertisement -spot_img

関連記事