一条校とインターナショナルスクールのコラボ分析2 寄稿: 今川新悟氏

一条校とインターナショナルスクールのコラボの現状

香里ヌヴェールと聖母インターナショナルプリスクール

 学校法人聖母女学院は、京都(藤森キャンパス)と大阪(香里キャンパス)に展開している私立の学校法人である。京都・藤森キャンパスでは、保育園・幼稚園や小学校、中学校・高等学校を展開しており、2018年度からは短期大学の跡地(2016年閉校)にインターナショナルプリスクールを新設している。

 聖母インターナショナルプリスクールは、外国人講師と日本人保育士がペアとなり、一人ひとりを手厚くサポートしながら保育を行っている。外国人講師は、海外大学で幼児教育・保育に関する教育課程を修了しており、幼児教育・保育に従事した経験を持っているため、英語・日本語をバランスよく身につけることができる。

 一般的にインターナショナルプリスクールからの小学校受験は難しいとされているが、系列校である一条校の京都聖母学院小学校または香里ヌヴェール学院小学校への「内部進学優遇制度」が設けられているため、推薦制度を利用して進学することができる。

 さらに進学先の系列校も国際化を進めており、京都聖母学院小学校には「国際コース」が、香里ヌヴェール学院小学校には「SEC(スーパーイングリッシュコース)」が設けられているため、いずれの進学先でも英語の運用能力を活かした教育を受けることができる。

出典:聖母インターナショナルプリスクールHP:http://www.seibo.ed.jp/sip/ (2020/01/22閲覧)著者:今川新悟

eduJUMP! 編集部
eduJUMP!は、子どもたちが世界のどこでも誰とでも、共に生きていき、夢を実現できるような教育を紹介するメディアとして設立されました。保護者・子ども自身・教育関係者の3者を対象に、子どもたちの未来を拓くために有用と思える情報を、当ウェブメディアやイベントを通じて提供します。
- Advertisement -spot_img

関連記事